タグ「中二病」が付けられているもの

神をも冒涜する12番目の理論

僕が STEINS;GATE を買ったのって7年前なんですねということをしみじみと感じる. 最近 Chaos:Child がアニメ化しましたが,その前作に当たるCHAOS:HEAD を紹介したのもそれぐらいの時期だった. ちなみに,CHAOS:HEAD は僕が20歳になった時に記念と勢いで買ったゲームでした(どうでもいい情報).

シュタインズゲートの紅莉栖を助けられなかった世界線の物語です. 紅莉栖の過去やシュタインズゲートで回収されなかった伏線などがうまく回収されていて, 「まさかこんな背景があったのか」と思える作品なので,シュタインズゲートが楽しめた人ならば確実に楽しめる作品かと思います.

また,今作では人工知能が実現した世界を描いており,人工知能に関する中二病が豊富な感じが個人的に楽しめました. 量はそれなりにあって,6ルートあるのですが,続きが気になってしまい1週間ですべてクリアしてしまいしました.

最終的に,まだ,明らかになっていないこともある気がしますが,何かで回収されるんだろうか?その辺も気になります. あと,紅莉栖の所属してたヴィクトル・コンドリア大学脳科学研究所の平均年齢どうなってんのか気になりました.

Kindle unlimited 始めました

Kindle unlimited って微妙に本の数が少なかったり,検索がしにくかったり何の本を読んでいいのか迷っていましたが, ライトノベル(特にガガガ文庫)の一巻が多く読めるので,それだけでも結構価値があるのではと思いました.

以前,読んだ「こうして彼は屋上を燃やすことにした 」が良かったので, この機会に読んでみました.前とは全然違って,「七日の喰い神」は現代ファンタジーで,ややコメディー成分が多めになっており,よりライトノベルっぽい作品になっており,気軽に楽しめる本でした.

内容は,祈祷師の主人公が"喰い神"の少女ラティメリアと仲間でも敵でもない微妙な関係のもと,他の神"マガツガミ"と戦う物語です. 独特の世界観と冷酷な主人公とラティメリアの一風変わったコンピが見所です. ちなみに,皆思うことだと思いますが,ラティメリア能力「食べた相手の能力をコピーする」ってすごいカービィっぽいと思った

怪異 vs 都市伝説

コトリバコを始めとした2chで有名な怪異って,
独自の体系を持っていて,他の怪異とは明確に区別された何かがあるように思う.
さらに,その広がり方も2ch発なので、独自の広がり方をしているように思う・
一般の怪異と2chの怪異の関係性みたいなものを誰か調査してくれないかなぁ.
ちなみに、この2ch怪異に関するフリーゲームとして是非夕闇の季節様の「怪異症候群」をおすすめしたい.
そんなこんなで,コトリバコが出てくるオカルティック・ナイン2巻です.

Occultic;Nine2 -オカルティック・ナイン
著者  :志倉千代丸
イラスト:pako
分類  :小説
総合評価  :★★★★
文章    :★★★★
内容    :★★★★
キャラ   :★★★★

一巻では別々に行動していた登場人物でしたが、
二巻では登場人物同士が関わり始めました.
事件の規模も井の頭公園での256人集団自殺事件と大きくなり,
謎もより深くなってきました.
やはり見どころは物語全体に,そこはかとなく漂う都市伝説感です.

都市伝説感というよくわからない単語を使ってしまったが,
カオスヘッドなどをプレイした人にはわかってもらえるかもしれない.
よくある物語の展開として,現代の中で不可思議なことが起こっても,何らかの組織or 力によって全て隠されている事が前提という展開がありますが,このオカルティック・ナインをはじめとした都市伝説感のある物語では,
完全に秘匿されるというより,現代社会の中でどう捉えられるか?場合によっては相互作用しつつ物語が展開され,その雰囲気が作られています.
この雰囲気はぜひ一度味わってもらいたいものの一つです.

Occultic;Nine1 -オカルティック・ナイン
著者  :志倉千代丸
イラスト:pako
分類  :小説
総合評価  :★★★★
文章    :★★★★
内容    :★★★★
キャラ   :★★★★

主人公はオカルトをネタにした掲示板の管理人で,
カフェを拠点にしている.
という「現代+オカルト」をテーマにするには絶好の中二病設定で,
最初からテンションの上がる展開でした.
最初は登場人物が多くて覚えるのが大変かな?と思ったけど,
キャラが立っているので読み進めていくうちに特に苦もなく覚えられました.
展開はややゆっくりですが,日常的な会話にもところどころにネタがあり楽しみながら読める一冊でした.
まだ,一巻は序章という感じで今後どうなっていくのか,2巻が待ち遠しいです.

公式ページもあるらしい:http://occultic9.jp/