タグ「工学」が付けられているもの

先日,中国語読めるか?と聞かれ一応見てみたが,全くわからなかった.
中国語選択だったのに・・・

というわけで,
ドイツ語選択でドイツ語が少しでも喋れる工兵さん素敵です

なれる!SE11
絶対?管理職宣言
著者  :夏海公司
イラスト:Ixy
分類  :ライトノベル
総合評価  :★★★★
文章    :★★★★
内容    :★★★★★
キャラ   :★★★★

工兵がだんだんと人間離れしてきた気がする. そして,キャラクターが多くなってきて辛くなってきました. 個人的にはここらで一回総集編が入って欲しいところです. 今回の話は,スルガシステムに子会社が出来る話です. 薄々気づいていたが,なにげにスルガシステムって大きい会社なんじゃないだろうか. ちなみに,表紙の絵の人はその子会社のリシーです.

セカイは不便だ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

修論で死につつも,コミケには行きます
夏コミのゲームが一部積んでるので自重しつつですが.

今回は電子書籍を買ったお陰でだいぶ少ない体積・重量で暇つぶしができます.
(今までは紙の本を2冊ぐらい持って行ってました)

なれる!SE9
ラクして儲かる?サービス開発
著者  :夏海公司
イラスト:Ixy
分類  :ライトノベル
総合評価  :★★★★
文章    :★★★★
内容    :★★★★
キャラ   :★★★★

今回は,今までとだいぶ趣向を換えてサービス開発に関わるお話です.
サービス開発って今までやってなかった会社で唐突に始めたりするものなんでしょうかね?
サービス開発でも商品の開発でもそうだけどみんなが必要としているものの共通部分で,しかも個人に合わせてチューニングする必要のないものでないと商売としては成り立たないという点が今回の最も大きなミソでした.
そして,また登場人物が増えるのであった.でも今回は久しぶりの男キャラ!!

そういえば,自分がサーバ管理している時にもこんなサービスあったらいいのにと思うようなことが何回かありました.
その内の一つを紹介すると,グローバル動的IPしか持たないサーバからサーバの状況をメールで定期的に報告させようとしたらメールサーバに弾かれてしまった.
動的IPからのメールは弾くメールサーバが多いらしい.
セキュリティ上仕方がないのかもしれないが,自分のメールアドレスだから問題ないはず・・・そんな融通は効いてくれませんでした.
動的IPをVPN使って固定IPにするサービスもあったけど,わざわざサーバの定期報告にそんな大層なサービスは使いたくなかったのでやめました.

結局,固定IPを持ったサーバに定期的に ssh でログファイルを渡すようにした.
固定IPを持ったサーバが別用途のために用意してあったから良かったものの,動的IPのサーバから定期報告を受け渡す手段が一般に無いのは結構困った.

というわけでサーバから定期報告を受け取れるサービスみたいなの作るといいかも!と最近思いました.動的IPしか持ってないって時点でだいぶ客層が絞られちゃうけど・・・

シューカツ

就職しません.お察し下さい.

なれる!SE8
案件防衛?ハンドブック
著者  :夏海公司
イラスト:Ixy
分類  :ライトノベル
総合評価  :★★★★
文章    :★★★★
内容    :★★★★★
キャラ   :★★★★

キャラが増えてきてだんだん負えなくなってきているこの小説です.
ドラマCDとかWEBラジオとかよくわからないASCIIの企画とかいろいろなところで力を入れている小説ですが売れているんだろうか?
でもこういう熱い小説は好きなのでこれからもどんどん押して行って欲しいと思っています.

今回は,フィジビリティスタディ,つまり事業・プロジェクトの実施妥当性を調査し代替案や事業中止を含め検討する活動についての話.
タイトルにもあるように過去に決定した案件を防衛するという話です.

以前からこの小説を読んで感じていたことだが,僕は案件の入札のような事は関わったことがないのでこの小説を読んで一度何かの機会があったら関わってみたい(また,経験がある人がいたら話を聞いてみたい)と思った.

慣れる!SE





なれる!SE6
らくらく実践?サイドビジネス
著者  :夏海公司
イラスト:Ixy
分類  :ライトノベル
総合評価  :★★★★
文章    :★★★★
内容    :★★★★★
キャラ   :★★★★

今回は大きな一つの話ではなく、短編の集まりのような形式です。 どの話もSE関係の仕事をしたことがある人なら共感できるような話ばかりでしたね。

特に自分が共感できたのは製品の検証の話です。
この話は工兵たちが残念な機器を掴まされてしまった話です。
世の中には「これは製品としてもはや成り立っていないのでは?」とおもうような機器がかなりの割合で存在しています。
自分も過去にソフトウェアで一回ハードウェアで一回経験があります。
あの時は「このクソ機器がァー」とか言いながら壊してやろうかと思ったものです。
特にハードウェアでの一回は結局(二徹の結果)、ありとあらゆる方法を駆使して未だに稼働中です。

あと、副業の話もあんまり他人ごとだとは思えないことがしばしば・・・
さらに、面接の話は自分もいちおう就活生という設定なので思うところが結構ありました。

よし、ゲーム作ろう!!

東京ゲームショウ2011に行ってきた。
とりあえず印象的だったことを
・各ブースで歌とか歌っちゃうんだ。初参加なのでびっくりしました。
「旋律のストラタス」の山口理恵さんの「Embrace the Night」を生で聞けました。(ワーイ
・Bravely DefaultのARがすごかった
・ゲームの基本的な部分はそれほど変わっていない?
・東京工科大学さんコアな質問でいじめてごめんなさい
・Robotics;Notes楽しみ~。千代丸さんはいつも通りだった
・ぶるにゃんまんwww
ああいう華やかなものを見ても、きっと陰で死体がいくつも生産されているんだろうなぁとか考えてしまうのが技術者の性なのだろうか
というわけで




なれる!SE5
ステップ・バイ・ステップ?カスタマーエンジニア
著者  :夏海公司
イラスト:Ixy
分類  :ライトノベル
総合評価  :★★★★
文章    :★★★★
内容    :★★★★★
キャラ   :★★★★

とうとうこの本も5巻まで来ましたか。 今回はカスタマーエンジニアなお話、カスタマーエンジニアというのは実際にお客さんのところに行っておもにハードウェアの設置・メンテナンス等をする人のこと・・・らしい。

このシリーズ巻が進むにつれて、徐々に自重しなくなってきている感じがする。
特に今回はかなり専門用語(もちろん説明付き)が出てきたので、自分も結構勉強になったりとか

また、徐々に梢さんが壊れていく感じも見逃せません。
もちろんヤンデレ的な意味で

無茶ぶりに優しさをこめて


家のルーターを買い換えた~
やっとギガビットイーサ対応した。
それにしても最近のルータは安いなぁ




なれる!SE4
誰でもできる?プロジェクト管理
著者  :夏海公司
イラスト:Ixy
分類  :ライトノベル
総合評価  :★★★★
文章    :★★★★
内容    :★★★★
キャラ   :★★★★

普通に勉強になるんだが・・・

今度はプロジェクトマネージャーをむちゃぶりされる話、
むちゃぶりはよくある話な気もするけど、さすがに違いすぎだろ・・・

と、思ったけどやっぱりありうる気もしてきた。

日常

昨日Interopに行ってまいりました。

初めての幕張メッセで超迷った。

初めて行ったけど最近の技術って思ったより進んでいるんだなっていうのが正直な感想でした。
やっぱり、家庭向けに売られているものだと価格等の制約で売れないようなものでも
企業相手ならその心配がないということですかね。

あと、デジタルサイネージの方も結構面白かった。
ARとかをうまく使った宣伝方法なんかが面白かった。




なれる!SE3
失敗しない?提案活動
著者  :夏海公司
イラスト:Ixy
分類  :ライトノベル
総合評価  :★★★★
文章    :★★★
内容    :★★★★
キャラ   :★★★★

日常系ライトノベルですw

とは言っても、今回は若干小説成分多めです。
まぁタイトルの通り今回は提案活動についてです。
さすがにこの本の中で出てくる会社、化物すぎだろ・・・

世の中の技術者の結構実情を表しているんじゃないかと思うこの本。
技術者を目指す人には是非オススメかも

初めてのセミコロン。それはC言語でした・・・


研究室がかなりブッ飛んだことをやってるのに、
中の人が意外に普通でびっくり。

もっと頭の狂った感じの人がいるイメージだった。(偏見)

あんまり技術者的な意味でも修羅場ってなくてびっくりだった。
これを見ると学生ってゆとりだなって思われても仕方ないかも。
というわけで、修羅場成分補充ということで

なれる!SE2
基礎から学ぶ?運用構築
著者  :夏海公司
イラスト:Ixy
分類  :ライトノベル
総合評価  :★★★★
文章    :★★★★
内容    :★★★★
キャラ   :★★★★

SEの運用vs構築の戦いを描いた一冊。
もう少し分かりやすく言うと、作る人と管理する人の戦いということです。

自分の経験的に「そうか、あれは運用vs構築の戦いだったのか・・・」
と、この本を見て、昔、これと同じような自体をバイト先で見たことがあるなぁと気づいた。

この本ほど劇的に対立しているのは実際には観たことないけど、
確かにひどい戦いになるのは確かだ・・・

働きたくないでござる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

研究室でPC4台持ってるっていったら、驚かれた。
(PC以外の)友達は4人以上いるっていったら、それは当然って言われた。

なれる!SE
2週間で分かる?SE入門
著者  :夏海公司
イラスト:Ixy
分類  :ライトノベル
総合評価  :★★★★
文章    :★★★★
内容    :★★★★
キャラ   :★★★★

とある技術者の日常を描くハートフルストーリーですwww

普通にありそうな感じで、
そうか!!SEの日常は単純にそれを描くだけで小説になってしまうのかと思ってしまった。

上司の外見以外はあるあるな感じです。
ただ、技術系の人以外だと脚色しているだけだと感じてしまうのかな・・・

アンサイクロペディアの一部の項目では本当のことが書いてあるのに、
それに気づけるのは中の人だけという現象に似ている。

正直、SE以外の人に読んで欲しい本ではある気がする。
でも、この本を手に取る人の殆どがSEな気がするのは気のせいだろうか・・・

このライトノベルがひどい

コミケ終了~
参加者・スタッフのみなさんお疲れ様でしたー
今回も3日フル参加でしたー
けど買ったものはいつもよりちょっと少ない感じを受けるかも・・・

彼女と二人で「C」体験!V2.0
絶頂ポリモーフィズム
著者  :石川ユウヤ
イラスト:稲垣みいこ
分類  :ライトノベル
総合評価  :★★★★★
文章    :★★★★
キャラ   :★★★★★
内容    :★★★★★

どうしてこうなった・・・


早くも2巻が出てしまった。

というか2巻でいきなり「ポリモーフィズム」を持ち出すとか・・・
早くもCじゃねぇ

というかC言語ぐらいは結構多くの人がやったことある。もしくは聞いたことがある。
とは思うけど、ポリモーフィズムって言葉を知ってるのは情報系ぐらいだろwww

ところで
七尾先輩の「to」という髪飾りと
御剣の「M」という髪飾りが気になって仕方がない。

I am the bone of my code

最近はいろいろなことがあって忙しい。
ただし、まだしばらくこの忙しさは続きそう。

でも、MakeTokyoMeetingとか駒場祭とかに行ってきてネタはだいぶたまった気がする。
いろいろな手段を使っていろいろなものを作るなぁ

プログラミング言語もかなり多くの言語ができてきてキモイ言語からゆとりな言語まで様々ですが、彼女と二人でやるならやっぱり

彼女と二人で「C」体験!
著者  :石川ユウヤ
イラスト:稲垣みいこ
分類  :ライトノベル
総合評価  :★★★★
文章    :★★★
キャラ   :★★★
内容    :★★★★

どうしてこうなった・・・
としか言いようのない本

割とプログラムを普段から組んでいる自分から見てもその発想はなかったというものが・・・
まだまだ自分も修行不足だと感じてしまった一冊。

本文中に出てくるプログラムが微妙に説明と一致していないのはどういう深い意味があるのだろう?
どんなすごいプログラマーでもミスはするんだということが言いたいのかなー

この世界には、よくあること。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


裏切りが最初にあって
その後に裏切らないということを覚えた。

ロボット(R.U.R)
著者  :チャペック
訳   :千野栄一
分類  :戯曲
総合評価  :★★★★
文章    :★★★
内容    :★★★★★

ロボットという言葉が生まれる元になった戯曲らしいです。
ロボットによくあるこの設定+展開はロボットという言葉とともに生まれたんですね。

最近本を読めていないです。
ということで本を補給してきました。
次の記事以降、カオスな本の紹介が続くかもしれないので今回はこんなところで。