タグ「希少」が付けられているもの

百万回死ねーーっ!!それでも猫は生き返る

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


若干自分が日本酒臭い気がするのは気のせいだろうか・・・

研究室所属1日目いきなり飲みに行ったけどそれなりに暴走とかはしていない・・・はず

なれない環境で結構戸惑ってるかもしれないけど頑張れ自分!!

猫は殺しをかぎつける
著者  :リリアン・J・ブラウン
訳   :羽田詩津子
分類  :推理小説
総合評価  :★★★
文章    :★★★
内容    :★★★★
キャラ   :★★★★

ココかわいいよ、ココ
以上

特に普通の推理小説でした。
トリックとかも特に面白いものではなかったですが、
推理小説ではなく普通の小説としては楽しめた感じでした。

特に猫好きの方なら結構楽しめるかもしれない。
(というか作者も猫書きたかっただけなんじゃ・・・)

ご利用は計画的に

多次元交差点でお茶漬けを
著者  :本保智
イラスト:かわく
分類  :ライトノベル
総合評価  :★★★
文章    :★★★
内容    :★★★★
キャラ   :★★★★

この本の内容は様々な世界(なぜかファンタジーな感じのものが多い)の交わるところ"クロスポイント"にあるホテルに働くことになるという話です。
こういう本の中では割とゆるい感じでこういう本は最近読んでなかったなぁと思いました。

あと、地味にお茶漬けへの愛を感じました。

この作者がどこまで考えてこの設定にしたのか、わからないが最近自分が考えている考え方にちょっと近いかなと思って見たりしています。
つまり、平行世界という言葉があるけども、普通お互いに力を及ぼし合わない状態を平行とは言わないで直交って言うんじゃね?
ってことです。
この世界には無数の直交世界がある。
こっちの方が厨二っぽくていいと思う。