人は常に人を殺し,また,人に殺される可能性と共に生活している

実は引っ越し検討中です.
新居がいわくつきだったらいいなぁと思っている今日この頃です.

ノロワレ
怪奇作家真木夢人と幽霊マンション (上)
著者  :甲田 学人
分類  :ライトノベル
総合評価  :★★★★
文章    :★★★★
内容    :★★★★★
キャラ   :★★★★

「Missing」「断章のグリム」の作者の別作品です.
「断章のグリム」ほどファンタジーでもなく,「Missing」ほど怪異寄りでもないという意味では,
やや現実的なホラーという印象を受けました.

怪異はその本質が理解されたとき,その力を失うという考え方は「断章のグリム」の流れそのものですし,
「Missing」でも近い考え方が根本にあったように思います.
前作を読んでいるひとはもちろんのこと,舞台が比較的現実的なのでとっつきやすくなっているので初めてでも面白く読めるのではないかと思います.
まだ,上巻は起承転結の「起」という感じですが今後の展開が楽しみです.