すごい!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

涙香迷宮
著者  :竹本 健治
分類  :小説
総合評価  :★★★★
文章    :★★★★★
内容    :★★★★
キャラ   :★★★★

「このミステリーがすごい」に選ばれていましたけど,
確かに「すごい!」と言いたくなる作品でした.
いわゆる「誰が犯人なのか」というのを推理するタイプではなく,
暗号を推理するタイプのミステリーとして,近年の代表作になりそうな作品でした.
暗号は「いろは歌」を題材にしたもので,「いろは歌」が一つのジャンルになっていて,その中で様々なバリエーションがあることにも驚きましたし,この小説のために用意された「いろは歌」は非常によくできていて感動すら覚えるものでした.
内容としては,明治時代に実在した「黒岩涙香」が残した暗号を解きつつ,殺人事件の犯人を囲碁棋士が探偵役となって推理するというもので,暗号や犯人捜しだけでなく,囲碁や連珠(詰将棋)に関する知識やその歴史についても多く触れられていて,勉強にもなる本でした.